西千葉教会 日本キリスト教団 西千葉教会


◇聖書の言葉◇

11月の聖句

10月の聖句へ

文:伊藤 智 副牧師

「子供たちをわたしのところに来させなさい。妨げてはならない。神の国はこのような者たちのものである。はっきり言っておく。子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない。」

    (マルコによる福音書第10章14節)

 わたしたち西千葉教会では、11月の第3週の主の日に、幼児・児童祝福式を行います。対象は、嬰児から小学校六年生までの子供たちです。多くの子供たちが、家族と一緒にこの礼拝に来られることを願っております。
 「子供たちをわたしのところに来させなさい。妨げてはならない。神の国はこのような者たちのものである。」と主イエスは、言われました。
 子供たちをわたしのところに来させない。状況としては、子供たちが主イエスの所に連れてこられているのです。そして、主イエスは、その子どもたちを受け入れようとしているのです。
 子供を受け入れようと考えた時に、わたしはある日のことを思い出しました。
 西千葉教会の副牧師室は、和室の隣にあります。水曜日の午後は、子育てサークルがその和室を使います。お昼を過ぎた辺りから、子供たちがお母さんに連れられてやって来ます。少しずつ集まってきます。次第と賑やかになります。部屋の中で子供たちの声が聞こえてくるので、窓から子供たちを眺めていました。子供たちが、とても可愛く、楽しそうに遊んでいます。わたしは、そこで思わず部屋のドアを開けてしまいました。すると、子供たちが部屋に押し寄せて来たのです。勝手に椅子に座りだし、パソコンのキーボードをたたき始めました。それが、一人ではなく三人も入って来たので、部屋は大混乱です。ドアを開けたのは、わたしですし怒るわけにもいかず、途方に暮れました。
 主イエスは、この子供たちを妨げてはならないと言われ、主は、この子どもたちを祝福されるのです。神の国はこのような者たちのものである。いわば、主は、無条件で子どもたちを祝福しようとしておられるのです。
 それを、どう受け止めたらいいのか。自分が妨げるわけにはいかなくなります。謙遜に聞かなければならなくなります。なぜなら、このわたしも主に無条件で招かれ、愛された者であるからです。
                               

in Christ.

TOP
mail:nishichiba@church.jp
Copyright (c) NISHICHIBA CHURCH. All Rights Reserved.