西千葉教会 日本キリスト教団 西千葉教会


◇聖書の言葉◇

2月の聖句

1月の聖句へ

文:伊藤 智 副牧師

「お前たちは、立ち帰って、静かにしているならば救われる。安らかに信頼していることにこそ力がある。」                  

      (イザヤ書第31章15節)                        

 災いだ、と呼びかけられるユダの民は、謀によって災いを呼び寄せることとなる。謀とは、当時、アッシリアの脅威のもとにあったユダがエジプトと同盟を組みこれに対抗しようとしたことです。ユダの民にとってエジプトの馬車や騎兵がどれだけ信頼に足るものであったか。人は、不安な状態にあった時、この世を支配する力や権威、王なる力を望むのです。そこへ誘われるのです。
 人間に救いを与えるのは、人間の業、支配力、権威によってではない。神御自身の業によってなされるのです。その時、人はその御前に静かに立ち、神を仰ぎ見るしかないのです。主なる神に、立ち帰って、静かにしているのです。安らかに信頼しているならば救われるのです。
 それが、出来るかと言われるとわたしたちは、また不安を覚えます。自分にそれができるか、考えてしまいます。自分に頼ろうとするのです。
 そこで、ぜひ祈ることを思い出していただきたいと思うのです。祈ることこそ、自分に頼ることから解き放たれ、神にすべてを委ねることが出来るようになるのです。そして、その時が来たらその時に、その信仰が与えられます。神は必要な助けをその時に与えてくださる。神に信頼して歩みたいと願います。


in Christ.

TOP
mail:nishichiba@church.jp
Copyright (c) NISHICHIBA CHURCH. All Rights Reserved.