西千葉教会 日本キリスト教団 西千葉教会


◇聖書の言葉◇

4月の聖句

「聖書の言葉」リストへ

文:伊藤 智 副牧師

「王よ、今どうか、聞いてください。どうか、わたしの願いを受け入れ、書記官ヨナタンの家に送り返さないでください。わたしがそこで殺されないように。」

エレミヤ書第37章20節

 最初の「王よ、今どうか、聞いて下さい」とは、ゼデキヤ王に神の真実な言葉を聞いて下さいと懇願しており、その次に、エレミヤは自分の願いを告げています。「書記官ヨナタンの家に送り返さないでください。」とは、ヨナタンの家では、監視の目が届かず、暗殺される可能性があることをいっています。
 ゼデキヤ王は、不安と迷いの中にあった。ある時は、「どうか、我々のために、我々の神、主に祈ってほしい。」と願うが、一難去って事態が好転すると彼はたちまち豹変し、再び神の御心に背くことをした。
 ゼデキヤはころころと心を変えたのです。バビロンが襲ってくるという非常事態に、心が右往左往したのです。
 わたしたちの心もまた、本当に揺らぎやすいものです。迷いやすいものです。
 エレミヤは、訴えかけます。「どうか、今聞いてください。」。しかし、そんな言葉を聞いてるどころではないと思うことがある。そんなことよりも、もっと大事なことがある。自分の命を守らなくてはならない。国を守らなければならないと。
 エレミヤはゼデキヤに真実に迫っています。真剣そのものです。
 今だけ少し御言葉を聴いて下さいと言うのでもない、ある程度まで聞いてくださいと言うのでもない。そんな程度で、神の言葉を聞くのではなく、徹底して神に聞き従うことを求めているのです。

in Christ.

TOP
mail:nishichiba@church.jp
Copyright (c) NISHICHIBA CHURCH. All Rights Reserved.