西千葉教会 日本キリスト教団 西千葉教会


◇聖書の言葉◇

11月の聖句

「聖書の言葉」リストへ

文:伊藤 智 副牧師

 「主よ、御もとに立ち帰らせてください わたしたちは立ち帰ります。
     わたしたちの日々を新しくして 昔のようにしてください。」

哀歌5:21

1958年11月16日(日)に西千葉に移転にして、53年目となりました。この月は第1主日に永眠者記念礼拝、第2主日に創立107周年記念総員礼拝、そして、第3主日に幼児・児童祝福合同礼拝を行います。対象は、嬰児から小学校六年生までの子供たちが祝福に与ります。多くの子供たちが、家族と一緒にこの礼拝に来られることを願っています。
 11月27日(日)から、待降節に入ります。イエス・キリストの御降誕を待ち望む期節となります。降誕節からの一週一週を主の救いを求めつつ過ごしていきたいと願います。
 さて、上に掲げた哀歌は、エルサレムの没落を嘆いた歌です。その締めくくりにおいて、積極的に神に呼びかけます。「立ち帰らせてください。」という願いに、「わたしたちは立ち帰ります」という決意が付け加えられています。「わたしたちの日々を新しくして、昔のようにしてください」という願いが込められています。
 これで哀歌全体が終わればいいのですが、22節の後の最後の節には、「あなたは激しく憤り わたしたちをまったく見捨てられました」で終わっているのです。これを、聞いてしまうと困惑してしまう。しかし、こう思うことも出来る。わたしたちは、やはり神の裁きを忘れてはならないと。神の真実の裁きは、主イエスの十字架に現れました。
 神の求めておられることは、生きる向きを変えて、神に立ち帰るこ とです。 「主よ、御許に立ち帰らせてください。わたしたちは立ち帰ります。わたしたちの日々を新しくして 昔のようにしてください」そう祈るものとなりたい。

in Christ.

TOP
mail:nishichiba@church.jp
Copyright (c) NISHICHIBA CHURCH. All Rights Reserved.