西千葉教会 日本キリスト教団 西千葉教会


◇聖書の言葉◇

12月の聖句

「聖書の言葉」リストへ

文:伊藤 智 副牧師

 「もし確信と希望に満ちた誇りとを持ち続けるならば、わたしたちこそ神の家なのです。」

ヘブライ人への手紙3章6節

クリスマスおめでとうございます。今年の西千葉教会のクリスマスのテーマは、「クリスマスの喜びをあなたとともに」であります。クリスマスを共に祝うにあたって、わたしたちこそ神の家なのです。といわれています。わたしたち信仰者ひとり一人が、神の家なのですと言われると、「あれ?そうなの。」と思われるかもしれません。実は、わたしたちが神の家なのであります。それには、条件があります。確信と希望に満ちた誇りを持たなければなりません。確信というのは、大胆にとも訳せる言葉です。この確信という言葉は、ヘブライ人への手紙4章16節には、「大胆に恵みの座に近づこうではありませんか。」と訳されています。この大胆さというのは、教会で窮屈な思いをするよりも、自分の家で大胆に、ゴロッと横になって、くつろいでTVでも観ようというものではありません。
 大胆に、神に近づくのです。自分は、まだ神を信じていない。クリスマスなんか関係ないといわれる人も大胆に、恵みの座に近づいていただきたいと思います。
 今年は、いろいろなことがありました。クリスマスを自粛しようというところもあります。クリスマスに生まれた神の御子は、わたしたちと同様に試練にあわれました。主イエスご自身が試練を受けて苦しまれたからこそ、試練を受けている人たちを助けることがおできになります。
 この方に対して、希望に満ちた誇りを持ちましょう。そして、大胆に、恵みの座に近づき、時宜にかなった助けをいただきましょう。さあ、一緒に御子を礼拝しましょう。

in Christ.

TOP
mail:nishichiba@church.jp
Copyright (c) NISHICHIBA CHURCH. All Rights Reserved.