西千葉教会 日本キリスト教団 西千葉教会


◇聖書の言葉◇

10月の聖句

「聖書の言葉」リストへ

文:藤野雄大伝道師

  「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛(くびき)を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。」     

(マタイによる福音書11章28−29節)

「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛(くびき)を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。」(マタイによる福音書11章28−29節)  ホームページをご覧の皆様、お元気でしょうか。9月中旬頃までは、夏の暑さが続いていましたが、少しずつ秋らしくなってきましたね。今では、朝晩には寒さを感じるほどです。季節の変わり目ですので、お体大切になさってください。
 さて、秋といえば、色々な秋がありますね。スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋、一体どれぐらいの秋があるのでしょう。それだけ、秋の楽しみ方は多様だということでしょう。ありきたりで恐縮ですが、私は、個人的には、なんと言っても食欲の秋を推したいと思います。とにかく食べ物がおいしい。つい、食べ過ぎてしまい、後で体重計の上で後悔する日々を送っています。もっとも、私の場合、それは一年中変わらないことですが。
 最近、知ったことですが、西千葉教会では、「伝道の秋」という言葉があるそうです。伝道というのは、簡単に言えばイエス様の教えを世の人々に告げ知らせることで、教会の持つ最も重要な使命といっても良いものです。もちろん、この言葉は、秋以外には、伝道しないということではないでしょう。伝道は本来、一年中行われるべきものです。それでも、この季節には、伝道ということを特に意識して、今まで以上に精力的に活動しようという意味かと思います。
 そのことと関係しているのでしょう。今月には、二つの特別な伝道集会が、西千葉教会で行われることになっています。ひとつは、千葉にある他の教会と協力して開催される音楽伝道集会で、もうひとつは、例年行っている秋の特別伝道礼拝です。詳細については、ホームページの別の箇所に記載されておりますので、合わせてご覧くださると助かります。  特別伝道礼拝、集会は、普段の礼拝よりも分かりやすいものになっています。そのため、はじめての方でも、馴染みやすいかと思います。この機会に、多くの方に教会に足を運んでいただけることを祈っています。心から歓迎いたします。
 今月の聖句は、教会によっては表の案内看板などに記したりするぐらい、有名なものです。ご存知の方もおられるかと思います。このイエス様の言葉には、余計な説明は必要ないでしょう。心に自然と沁み入るような言葉です。イエス様が、この世の重荷にうめいている人を御自分のもとに招いておられる。そして、その重荷を共に担ってくださるのです。なんとありがたいことでしょうか。秋の特別伝道礼拝のテーマは、「キリストに出会う」となっています。この秋、ひとりでも多くの方が、イエス・キリストと出会われることを祈っています。

in Christ.

TOP
mail:nishichiba@church.jp
Copyright (c) NISHICHIBA CHURCH. All Rights Reserved.