西千葉教会 日本キリスト教団 西千葉教会


◇聖書の言葉◇

1月の聖句

「聖書の言葉」リストへ

文:藤野雄大伝道師

  「新しい歌を主に向かって歌え。主は驚くべき御業を成し遂げられた。右の御手、聖なる御腕によって主は救いの御業を果たされた。」     

(詩編98編1節)

 ホームページをご覧の皆様、あけましておめでとうございます。昨年は、このホームページをご覧になっていただき、ありがとうございました。今年も、よろしくお願いします。
 2012年は、皆様にとってどのような年でありましたでしょうか。振り返ってみれば、色々なことがあったと思います。良いこともあれば、悪いこともあった。そのように思われる方が、多いのではないでしょうか。
 私も、4月に当教会に赴任してからというもの、毎日が、怒涛のように流れていきました。一年目ということもあって、慣れないことばかりで、毎日が慌しく過ぎていきました。その中で、疲れを覚え、また時に体調を崩すこともありましたが、周りの皆様の祈りとお支えにより、無事に新年を迎えることが出来ました。心から感謝いたします。
 さて、皆様は、新年を迎えるにあたって、何か抱負を立てられましたか。私は、今年は、西千葉の地に住む方々と、もっと積極的に交流していきたいと願っています。昨年は、なかなか教会の外に出て行くことができませんでしたが、今年こそはと思います。何か習い事を始めるのも良いかもしれません。そうすれば出会いが広がって、私のようなブサメン(容貌がイケていない男子のこと)でも、モテるようになるかもという下心も正直に言えばあります。むしろそれが主目的と言ってもよいかも知れません。それから、忙しさの中で、つい忘れがちですが、主が、日々与えてくださる恵みを思い起こしつつ、感謝をもって生きたいとも願っています。
 「新しい歌を主に向かって歌え。主は驚くべき御業を成し遂げられた。」と聖句にもあります。主なる神様は、いつも驚くような御業を行ってくださいます。「救いの御業」を成し遂げてくださっています。しかし、日常生活の中では、なかなかそれに気づくことができません。私も、いつも不平不満ばかりを口にしています。そのように真に不信仰な者ではありますが、それでも、時に主の恵みに触れることがあります。聖書を読んでいる時、祈っている時、それ以外にも何気ない日常の生活の中で、ふと主の御業を思うことがあります。それは、些細なことにも思えますが、やはり聖霊なる神のお導きなのだと思います。
 新しい年も、色々なことが起るでしょうが、小さなことに一喜一憂するのでなく、主の大きな恵みに感謝して過ごしたいものです。皆様の上に主の恵みがありますように、心からお祈りいたします。

in Christ.

TOP
mail:nishichiba@church.jp
Copyright (c) NISHICHIBA CHURCH. All Rights Reserved.