西千葉教会 日本キリスト教団 西千葉教会


◇聖書の言葉◇

4月の聖句

「聖書の言葉」リストへ

文:藤野雄大伝道師

  「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。」     

(ヨハネによる福音書15章5節)

 いつもホームページをご覧くださり、ありがとうございます。寒暖の差が激しいですが、皆さんお元気でお過ごしでしょうか。今年は、桜が早かったですね。皆様は、お花見はされましたか。わたしは、少しの時間でしたが、見事な桜を見ることができました。見る機会が無かった方に朗報があります。桜はさすがにありませんが、当教会の花壇には、色とりどりのきれいな花々が咲いております。少しでも、春を堪能できるかもしれませんので、お近くにお越しのおりは、ぜひお立ち寄りください。
  さて、4月に入り、皆様も、新年度の歩みを始めておられることと存じます。私にとっては、今年度は、西千葉教会に赴任して二年目に当たります。これまでに書きためてきた「今月の聖句」も、結構な量になりました。昨年度は、最初の年度ということもあり、不慣れなことや、足踏みしているかのように感じられることもありましたが、今年度は、一層充実した、実り豊かなものとしたいと願っています。これからもよろしくお願いいたします。
  今月の聖句では、主イエスにつながっていないならば、実を結ぶことはできないと教えられています。新しい年度を迎えた今、わたしは、この御言葉をしみじみと聞いています。昨年度も、公私にわたって、様々なことを試みてきました。その中には、順調に進んだものもあれば、途中で挫折してしまったこと、暗礁に乗り上げてしまったこともありました。それらを振り返る時、わたしは、何か行動を起こす時、キリストに結ばれているかを十分に意識していただろうかと思わされます。むしろ、うまくいけば自分を誇り、うまくいかなければ神様に恨み言を言うことが、多かったのではないかと反省するばかりです。
  どんなことであれ虚栄心や自己保身などから始めたことは、結局うまくいかないものなのかもしれません。動機が不純なものは、たとえ一時は順調に進んでいるように見えても、落とし穴があったり、より大きな問題を引き起こすことになる。それは、人間の歴史の中でも、しばしば見られることです。そのことを顧みる時、豊かな実りを結ぶのは、神様から出たものだけなのかもしれないと、思わされる次第です。
  そういうわけで、私は、今年度は、一層キリストにつながる生活を送ることを意識していきたいと思います。自分の知恵や力に頼るのではなく、キリストから力を与えられて、示された道を進む者でありたいと思います。新年度は、一体どのような年になるのでしょうか。新年度の皆様の歩みの上に、主の御導きがありますように切にお祈りいたします。

in Christ.

TOP
mail:nishichiba@church.jp
Copyright (c) NISHICHIBA CHURCH. All Rights Reserved.